女性の任意整理、債務整理の手助けに。
ようこそ女性の債務整理へ

特定調停のメリット・デメリット

特定調停をすることで、借金の額、返済額が減り、申し立てをしたら貸し金業者からの取立ての電話などはなくなります。そして、給料の差し押さえがあった場合にも強制執行できたりします。また弁護士へ依頼しないので、弁護士費用はかからないので、費用を安くで抑えることができ、法律的な知識が無くても、調停委員が仲介となって交渉してくれるので、心強いです。
しかし調停がある度に貸金業者の所在地を管轄する裁判所へ足を運ばなければいけないこともあり、裁判所までの交通費や時間がつくることが可能でないといけません。また、5年〜7年はクレジット会社やローン会社のカードは作れません。
また、3年程で返済できないようであれば、特定調停が成立できないので、その場合は特定調停という債務整理はできなくなります。
また調停が成立した場合は、確定した判決と同じ効力をもちますので、支払いを2回怠った場合は早い段階で処罰を受ける可能性があります。

最終更新日:2016/11/15

(c) Woman's 任意整理 Allright Reserved.